お酢で高血圧・コレステロール対策






[PR]



2008年03月27日(Thu)
お酢で高血圧・コレステロール対策
お酢には、高血圧を改善する効果があります。

毎日、大さじ一杯(およそ15ミリリットル)程度のお酢を取り続けることで、

高血圧や血中総コレステロールを下げる働きが期待できます。

また、食後には血糖値が上昇しますが、これをおだやかにする作用があるという

報告もなされています。

また、お酢には、血液の流れをスムーズにして、動脈硬化を防止したり、

黒酢などに含まれる褐色成分は、体の酸化を防止する抗酸化作用があるのです。

このように、様々に健康に貢献してくれるお酢ですから、

毎日、醤油や塩の代わりに使うなどして、料理には積極的に使っていきましょう。

お酢を上手に使えば、酸味が塩気の薄さを補ってくれるので、減塩が楽にできますよ。

お酢は、健康の強い味方です!