サポニンが世界を救う。






[PR]



2008年04月22日(Tue)
サポニンが世界を救う。
サポニンってなんやねん。

というのは、糖尿の気があるんですけど。

どうも、糖尿病には、サポニンが良いのらしいという話を聞いて、

で、サポニンって、何だっけという話になったワケです。


で、サポニンってのは、泡立つそうです。

まぁ、それはどうでもいいんだけど。


なんちゅうか、心臓の働きを強める強心剤の作用とか、

喉の奥でからんだ痰を取り除くとか、

そういう効果があるらしいです。

キキョウとか、カンゾウとか、聞いたことあると思いますけど、

そういうのに入っているそうですよ、サポニンちゃんは。

でも、糖尿病については、どうなった?という感じですが、

脂質の合成・吸収の抑制作用、分解促進作用があると

言われている、という辺りかなと。

まぁ、大豆に含まれているとのことなので、

納豆とか枝豆でも食っておけということなのでしょう。